ムダのダム ~屋根裏の愛着ブツ~ FC2版

(SETOSHOP BLOG FC2版)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
2007欧州浪漫旅行記 003
そもそも、なぜに欧州旅行?
ってお思いの方もおられると思うでしょう。

ガールフレンドが北欧はノルウェーのベルゲンに留学しているので
じゃあ、欧州で会いましょう。ということになりました。

norway-map.jpg
さあどこにあるか見つけてみましょう。BERGEN

そんな、直球な感じで欧州に行くのです。
まあ、そらあんた、行くっきゃないでしょが。
うん、行くでしょー。

なぜに?ベルリン?
んーっと、ガールフレンドが学校お休みで行くなら
「ベルリン」
というのがその理由。

こちらも、ドイツには昔から興味がある。
きっかけはサッカーだったのですが、当時の西ドイツにとても魅力を感じていたのです。
後に様々な旅行番組などでドイツその具合を見ては
「どうやら、この人達とはなにか相性が良さそうだぞ。」
と、幼いながらもなにか直感めいたモノを感じたものです。

そんなこともあって大学でもフランス語かドイツ語どちらを履修するかは、
迷わずドイツ語を選択。
しかし、喋れるにはいたらず。読んで音を出せる程度に終わりました。

ベルリン(ドイツ)に行ってから、
ロンドン(イングランド)→ベルゲン(ノルウェー)という旅の行程になっております。

いよいよ、その欧州に着くところと相成ります。
果たして、飛行機は墜落せずに無事到着したのでしょうか?

それでは、つづきを、どうぞ。

------------------------------------------------------

うつらうつら、してハッと起き腕時計を確認。
どうやら、時間の経過からもうすぐ欧州に到着のようだ。

ほぼ定刻通り、現地時間の16:10頃に到着。
なんの支障も墜落もない。やるなKLM!やっぱり良い色してるなあ、このー。

飛行機を降り、アムステルダムのスキポール空港を散策。
とりあえずの目的は、喫煙。
空港関係者らしき人に、どこでタバコを吸えるかを聞いて移動。
どうやら、二階部分にあたるフードコートなら吸えるらしい。
すでにライター握りしめ急ぎ足で向かい、席を確保で即着火。
とにかく、栄養源は無いのだが、なにかエネルギーでも充填されたような感覚。

立て続けに、三本吸いきる。

一気に吸いすぎたのか疲れを感じ、そのまま1時間ほどボケーッと椅子に座り続けていた。

一応、自分の飛行機の便の確認をする。
関空でのこともあるので、早めのチェック&移動。
出ている表示には、ここから歩いて何分かかるかも表示してあって関心。
航空会社や空港側からすれば、遅れられてはたまらないだろうから、
そのぐらいの表示は当然だろう。
ちなみにその場所から、乗り口までは「20分」と表示されていた。
やっぱり空港ってでかいなあ。

まだまだ時間があるので、免税店を覗くが、免税されているとはいえタバコが高い。
日本での店頭価格よりも高いので買う気もしない。

でかいソファーでもう一度、休憩。
ほとんど寝るために作られているようなソファーとは言い難いようなモノ。
いいなあ、部屋にあると良いだろうなあと思うが、
この広い空間で見ているから、さほど感じないのだろうが、相当でかい。
欧米人が楽勝で寝転がれるのだからそれはデカイ。
日本人のモバイル感覚の磨かれ具合はこの辺からも感じ取れてしまう。

しかし、欧州の携帯電話はかなり小さい。
すこし使いづらそうなぐらいに小さい。そろそろ教えてあげた方が良いと思います。
意外と素直に直すかもよ。

なんやかんやをみての感想を抱きながら、そろそろ飛行機のゲート前で待つことにしようと移動。
うーん、やはり表示通り結構遠いなあ。

ゲート前の待合い場所で、読書で時間を過ごす。
ガールフレンドに頼まれて、ブックオフで購入してきた。

「マダム小林の優雅な生活」(文庫) 小林 聡美 (著)
20070205070552.jpg
今日のブログの発達も無かったであろう当時の日記というかエッセイ集。
今なら、確実にブログに書かれて、後日出版という流れだろうね。
おもしろいです。


を読み始める。
スッキリ待ち時間の間に読めてしまった。
気づいたら待つ人も知らぬ間に増えていて、
自然にベルリン行きの飛行機が出ることを感じさせてくれる。

時間になり、いざ搭乗。
欧州内なのでやや小さめの飛行機。
しかし、席に着くと意外とまばらで、空席も見られる。
新年とはいえ、向こうじゃただの平日だもんね。

飛んでから、直ぐに寝てしまう。
今回はなかなか移動での睡眠が快調でよろしい。
もはや、その移動時間を体が覚えているかの如く、到着20分前に目覚める。

KLMの見事なお仕事により、無事ベルリンに到着。
テーゲル空港
安全運転でありがとう!きっとゴールド免許持ってるね。

荷物を受け取り、高鳴る胸を押さえ、少し呼吸を整え、その出口に向かう。

予定では、新年明けてから先に来ている、ガールフレンドが待っている。

出口を通過して、キョロキョロと見渡すことも無く
目の前のガードレールにちょこんと座る見慣れた東洋人の小柄な女性がそこにいた。
なにか、あっけにとられてしまったのか、呆然としてしまう。

向こうから近づいてきた。
「うわー、居るよ!んで近付いてきた!」
そんな感じの久々の対面。

疲労+嬉しさ+いきなり=呆然

そんな簡単な数式が頭に浮かんだ。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/02/08(月) 16:14:38 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/04/23(月) 03:00:58 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。