ムダのダム ~屋根裏の愛着ブツ~ FC2版

(SETOSHOP BLOG FC2版)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
もやしからのおくりもの
彼と知りあってから、かれこれどのぐらい経つのだろうか、
そもそもなぜ出会えてしまったのだろうか。
そして、料理研究家の結城貢と女優、あき竹城の馴れ初めはさらに気になる。

もはや、その時期がいつで、その理由が何かかを考える必要はないのではなかろうかと思っている。
それが、人との繋がりであり、ましてや友人関係の続く中では、そんなことを考えるのは、野暮である。

食事をして、その料理が「旨い」と思えれば、それで完結しているのだ。
その「旨さ」は事実であり、人それぞれの味覚でそう感じれば良い。
その旨さの理由を考えるのは売れない料理評論家ぐらいがすればよいのではなかろうか。

彼と出会っている回数は、本当に指で数えられるぐらいの回数。
しかし、その少ない回数とは思えないほど友人度が高い。
友人と言うには言葉が足りない。つまり「親友」だ。
向こうがどう思っていようが、私は親友だと思っている。

親友に対して「おまえは親友だ。」と書くのはホントは親友なんかじゃないんじゃない?
と思われても致し方ないが、
ただコミュニケーションが、メールやネット上というのがメインであることを考えれば、
文字化して公言するのは大目に見て貰いたい。

ジャイアンこと剛田武氏がよく口にする名台詞。
「心の友よ!」
よりかは、遙かに意味があると断言する。

「私の親友モヤシ」
これを私の名台詞にするべく、
ネット上では逐一、文脈とは関係なく織り込んでいこうかと思案しているほどである。

今回、そんな「私の親友モヤシ」から、贈り物が届いた。

「私の親友モヤシ」とは、幾度となくこういうやりとりをしている。
それは、お中元やお歳暮とは性質の違う、心からの贈り物なのだ。
「心からの叫び」と言い換えても否定はしない。

ピンポーン
古めかしい我が家の呼び鈴が鳴り響く。
どうやら、宅配の様子。
こういうときは、なぜか「それだ!」と感づいてしまう。
感づいてしまうのだからしょうがない。

なかなかのサイズの箱(ゆうパック80サイズ)を受け取り部屋へ戻る。
送り主を確認。するとモヤシとは書いていないのだが私にはハッキリと「私の親友モヤシ」と読めた。
読めたのだからしょうがない。

品名もさらに確認。
「DVD」
「ドメスティック・ヴァイオレンス・です」と意訳してみた。
意訳してみたのだからしょうがない。

もはや、その時点で、耳の穴から「ピー!」と湯気が出ている感じ。
感じたのだからしょうがない。

ここで急いで箱を開ければただの素人、アマチュア、下戸。
封を開けずに、たばこに火を付け一服で正気を取り直す。

つまり、急いで開けてしまって中身が散乱、それを慌てて拾おうとしてつまずき、
受け身を取って倒れてしまえば良いのに、転(こ)けずに踏ん張ろうとしたが為に、
PRIDE1で膝を完全に伸ばしてしまった黒澤浩樹選手のような大けがをし、
さらには、蒲田行進曲で平田満演じる、ヤスの如く、そのまま階段落ちを見事達成。
外で、松坂慶子演じる、小夏が泣き叫ぶということになってしまわないための、危険回避をしたまでのこと。

たばこはそんな、抑止効果もあることを読者諸君は肝に銘じておけばよかろうもん。

フィルターぎりぎりまで吸ったたばこを、灰皿に押しつける。
「よし!」
箱を無邪気に開ける、開ける、開ける。

エアークッションの量がまた、「私の親友モヤシ」の細心の配慮という量。
CDケースと言えば良いのか、DVDケースと言えば良いのか、それを二つ確認。
そして、エロいDVDを4枚ほどを鋭く確認。パッケージをざっと見てどれを最初に見るかを何となく確認。
そのタイム、実に0.8秒。

そしてなぜか、プロレス運輸のキャップも同梱。
「なぜの嵐」by吉沢秋絵(会員番号25)

そんな「?」を思いながら、だったら被ればいいじゃんと、プロレス運輸のキャップを被る。
特に、疑問は解消されないままに、DVDケースを手に取る。

優しくびわの皮を剥くように、DVDケースのチャックをオープン。
開けると、その目映いばかりの内容物に思わず、目をしかめる。
およそ「私の親友モヤシ」ライブラリーからデジタル化したであろう極選モノばかり。
その一部を紹介しよう。

○見えるビートニクラジオ
○高田文夫の相手の部屋
○北野ワイドニュース♯01~08
○新生浅草キッド5時間スペシャル
○猪木イタリアを征く
などなど

すべてを列挙すると夜が明けてしまいそうなので一部にするが、
その仕事量からカロリー消費量を考えれば、激やせは免れないであろう。

おっと、それだけではないのだよ諸君。
今回のとても素晴らしい贈り物、そう「心の叫び」は、
なんと驚天動地!ファン垂涎の激レア映像集!もはや、ミラクル殺し!

「W★INGビデオ、完全デジタル化計画」
「血塗られたDVD-R(デンジャー・ヴィデオ・だよ‐なのでR)
‐モヤシの怨念最凶最悪‐」(勝手にネーミング)
なのだ。

いやー、やってくれたよ。「パパ明日はホームランだね!」って感じですよ。
もう、マジでしびれた。恐ろしくて毛穴が全部閉じたもん。
こればっかりは、頭が下がって思わずブラックマンのコーナーポストポーズを決行。
その枚数、実に23枚。デスマッチ数に換算すると確実に23試合はあるわけだから、
身の毛もよだつとはこのことなんですよ。
東芝のHDDレコーダーも悲鳴を上げるその量と質。
お釈迦になっていないことを切に願う。

もうとにかく、嬉しくてしょうがない。
なになに、みんなも欲しいって?そればっかりは、私には判断がつきませんよ。
でもねえ、多分改めて聞いたら、おそらく「ダメ!絶対に!」って雛形級に言われるから。
そこんとこ覚悟しておかないといけないよ、よい子たち。
「私の親友モヤシ」が心が狭いとかそういうことでは無いんだよ。
それは普通に大変だということであって、そういう問題と一緒にしてはいけないということだ。

このコンプリート精神はみんなも見習わないといけない。
もちろん私も見習わなければいけない一人。
と思ったら、まだコンプリートしてないのかな?
しかし、こんな言葉もある。
「人は何かを疑問に思った時点で、すでにその問題の80%を処理している。」
つまり、「私の親友モヤシ」がコンプリートを決意した時点でコンプリートしているということだ。
「おまえは、すでにコンプリートしている。」byケンシロウ

それとは別に、やはりW☆INGビデオはジャケが良いね。
横山剣の言葉を借りれば「イーネッ!」だ。

よーし、とりあえず、「Mr.BOO BOXセット」のあれをお送りしよう。
あれ?持っているのかな?ここで聞いたりして。

総括すると、「私の親友モヤシ」は、誰にも自慢できる素晴らしき男なのですよ。
んむふふふ。

VIVA MOYA(sic)
フォーエバー、モヤシ!
モヤシよ安らかに眠れ…。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
Mr.BOO BOXセット貸して!
2006/05/02(火) 07:36:00 | URL | スピー #-[ 編集]
何だか恥ずかしいッス。
恥ずかしながら日本へ帰ってきた横井庄一さんより
恥ずかしいッスわ。多分。

DVD-Rにチカラを入れ過ぎてAVがおざなりになったのが
悔やまれますので、次回(のAV)に御期待下さい。

BOOさんは触れてません。
ノーマークでございますよ。
2006/05/04(木) 05:46:39 | URL | モヤシ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/05/07(日) 23:55:29 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。