ムダのダム ~屋根裏の愛着ブツ~ FC2版

(SETOSHOP BLOG FC2版)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
もやしからのおくりもの
彼と知りあってから、かれこれどのぐらい経つのだろうか、
そもそもなぜ出会えてしまったのだろうか。
そして、料理研究家の結城貢と女優、あき竹城の馴れ初めはさらに気になる。

もはや、その時期がいつで、その理由が何かかを考える必要はないのではなかろうかと思っている。
それが、人との繋がりであり、ましてや友人関係の続く中では、そんなことを考えるのは、野暮である。

食事をして、その料理が「旨い」と思えれば、それで完結しているのだ。
その「旨さ」は事実であり、人それぞれの味覚でそう感じれば良い。
その旨さの理由を考えるのは売れない料理評論家ぐらいがすればよいのではなかろうか。

彼と出会っている回数は、本当に指で数えられるぐらいの回数。
しかし、その少ない回数とは思えないほど友人度が高い。
友人と言うには言葉が足りない。つまり「親友」だ。
向こうがどう思っていようが、私は親友だと思っている。

親友に対して「おまえは親友だ。」と書くのはホントは親友なんかじゃないんじゃない?
と思われても致し方ないが、
ただコミュニケーションが、メールやネット上というのがメインであることを考えれば、
文字化して公言するのは大目に見て貰いたい。

ジャイアンこと剛田武氏がよく口にする名台詞。
「心の友よ!」
よりかは、遙かに意味があると断言する。

「私の親友モヤシ」
これを私の名台詞にするべく、
ネット上では逐一、文脈とは関係なく織り込んでいこうかと思案しているほどである。

今回、そんな「私の親友モヤシ」から、贈り物が届いた。

「私の親友モヤシ」とは、幾度となくこういうやりとりをしている。
それは、お中元やお歳暮とは性質の違う、心からの贈り物なのだ。
「心からの叫び」と言い換えても否定はしない。

ピンポーン
古めかしい我が家の呼び鈴が鳴り響く。
どうやら、宅配の様子。
こういうときは、なぜか「それだ!」と感づいてしまう。
感づいてしまうのだからしょうがない。

なかなかのサイズの箱(ゆうパック80サイズ)を受け取り部屋へ戻る。
送り主を確認。するとモヤシとは書いていないのだが私にはハッキリと「私の親友モヤシ」と読めた。
読めたのだからしょうがない。

品名もさらに確認。
「DVD」
「ドメスティック・ヴァイオレンス・です」と意訳してみた。
意訳してみたのだからしょうがない。

もはや、その時点で、耳の穴から「ピー!」と湯気が出ている感じ。
感じたのだからしょうがない。

ここで急いで箱を開ければただの素人、アマチュア、下戸。
封を開けずに、たばこに火を付け一服で正気を取り直す。

つまり、急いで開けてしまって中身が散乱、それを慌てて拾おうとしてつまずき、
受け身を取って倒れてしまえば良いのに、転(こ)けずに踏ん張ろうとしたが為に、
PRIDE1で膝を完全に伸ばしてしまった黒澤浩樹選手のような大けがをし、
さらには、蒲田行進曲で平田満演じる、ヤスの如く、そのまま階段落ちを見事達成。
外で、松坂慶子演じる、小夏が泣き叫ぶということになってしまわないための、危険回避をしたまでのこと。

たばこはそんな、抑止効果もあることを読者諸君は肝に銘じておけばよかろうもん。

フィルターぎりぎりまで吸ったたばこを、灰皿に押しつける。
「よし!」
箱を無邪気に開ける、開ける、開ける。

エアークッションの量がまた、「私の親友モヤシ」の細心の配慮という量。
CDケースと言えば良いのか、DVDケースと言えば良いのか、それを二つ確認。
そして、エロいDVDを4枚ほどを鋭く確認。パッケージをざっと見てどれを最初に見るかを何となく確認。
そのタイム、実に0.8秒。

そしてなぜか、プロレス運輸のキャップも同梱。
「なぜの嵐」by吉沢秋絵(会員番号25)

そんな「?」を思いながら、だったら被ればいいじゃんと、プロレス運輸のキャップを被る。
特に、疑問は解消されないままに、DVDケースを手に取る。

優しくびわの皮を剥くように、DVDケースのチャックをオープン。
開けると、その目映いばかりの内容物に思わず、目をしかめる。
およそ「私の親友モヤシ」ライブラリーからデジタル化したであろう極選モノばかり。
その一部を紹介しよう。

○見えるビートニクラジオ
○高田文夫の相手の部屋
○北野ワイドニュース♯01~08
○新生浅草キッド5時間スペシャル
○猪木イタリアを征く
などなど

すべてを列挙すると夜が明けてしまいそうなので一部にするが、
その仕事量からカロリー消費量を考えれば、激やせは免れないであろう。

おっと、それだけではないのだよ諸君。
今回のとても素晴らしい贈り物、そう「心の叫び」は、
なんと驚天動地!ファン垂涎の激レア映像集!もはや、ミラクル殺し!

「W★INGビデオ、完全デジタル化計画」
「血塗られたDVD-R(デンジャー・ヴィデオ・だよ‐なのでR)
‐モヤシの怨念最凶最悪‐」(勝手にネーミング)
なのだ。

いやー、やってくれたよ。「パパ明日はホームランだね!」って感じですよ。
もう、マジでしびれた。恐ろしくて毛穴が全部閉じたもん。
こればっかりは、頭が下がって思わずブラックマンのコーナーポストポーズを決行。
その枚数、実に23枚。デスマッチ数に換算すると確実に23試合はあるわけだから、
身の毛もよだつとはこのことなんですよ。
東芝のHDDレコーダーも悲鳴を上げるその量と質。
お釈迦になっていないことを切に願う。

もうとにかく、嬉しくてしょうがない。
なになに、みんなも欲しいって?そればっかりは、私には判断がつきませんよ。
でもねえ、多分改めて聞いたら、おそらく「ダメ!絶対に!」って雛形級に言われるから。
そこんとこ覚悟しておかないといけないよ、よい子たち。
「私の親友モヤシ」が心が狭いとかそういうことでは無いんだよ。
それは普通に大変だということであって、そういう問題と一緒にしてはいけないということだ。

このコンプリート精神はみんなも見習わないといけない。
もちろん私も見習わなければいけない一人。
と思ったら、まだコンプリートしてないのかな?
しかし、こんな言葉もある。
「人は何かを疑問に思った時点で、すでにその問題の80%を処理している。」
つまり、「私の親友モヤシ」がコンプリートを決意した時点でコンプリートしているということだ。
「おまえは、すでにコンプリートしている。」byケンシロウ

それとは別に、やはりW☆INGビデオはジャケが良いね。
横山剣の言葉を借りれば「イーネッ!」だ。

よーし、とりあえず、「Mr.BOO BOXセット」のあれをお送りしよう。
あれ?持っているのかな?ここで聞いたりして。

総括すると、「私の親友モヤシ」は、誰にも自慢できる素晴らしき男なのですよ。
んむふふふ。

VIVA MOYA(sic)
フォーエバー、モヤシ!
モヤシよ安らかに眠れ…。
スポンサーサイト
『スター・ウォーズ EPISODEⅢ シスの復讐』鑑賞
とうとう見に行くことになった、『スター・ウォーズ EPISODEⅢ シスの復讐』
知り合いの、Mr.スピードさん(以下:スピーさん)があまりの見たさに、
もう一人のMr.ストーンさん(以下:ストンさん)と私が道連れになって見に行くことになった。
というか、ほっといても見に行く人間達。

そこで、京都の二条に新しく出来た、『BiVi京都』内の『TOHOシネマズ二条』で
その来るべく期待の映画を見ようではないかということに。
スピーさんが、ネット予約で公開初日のレイトショーを予約して万全の体制。

新しく出来たところなので、駐車場もあるかどうかも確認出来なかったのだが、
どうやら四階建ての三階部分が駐車場となっている。
料金は30分100円で、何らかの割引は無し。普通に100円パーキング。

当日、車でスピさんを迎えに行き、現地集合のストンさんと合流予定。
二条駅の周辺は昔から開発予定になっていたものの、
長年、更地のままだったので、そのイメージしかできない。
いざ、二条駅周辺に近づくと、駅がポツンと現れる景色にプラスするように、
箱のような建物が目に映る。
しかし、まだまだ、開発途上なのか、金網やら更地の臨時駐車場も見受けられる。
正面に向かうが、やはりそこは二条駅。
結局、駅の裏手に回って駐車場の入口を発見し入場。

nijostation.jpg
BIVI京都内から見た二条駅

先に到着していた、ストンさんとBiVi京都内の大垣書店で合流。
ストンさんが、夜9時からの上映では空腹感に不安があることから、
BiVi京都に出店しているお店で何か食べようとなる。
徳島中華そば『徳福』で、三人ともが違うメニューに挑戦。

tokuhuku.jpg
徳島ラーメンって、初めて食べる。

食券を購入して、しばし待つが開店したせいなのか、
テーブルが空いていても案内が無いので、空腹からか勝手にストンさんが席に着く。
このぐらいは、許されるインターフェア。むしろファインプレー。
普通においしかった、もうちょっと経ってから来ればお店もこ慣れてくるだろう。

mensman.jpg
右下:暖簾に隠れて空腹感をごまかすストンさん(1962~)

さあ、腹ごしらえも出来たし、本丸である4階の『TOHOシネマズ二条』に向かう。
一応、公開初日ということから、きっとコスチューム・プレイをしている人がわんさか居るものだと思い、その光景を楽しみにしていた。
いざ、4階のフロアを見渡してみると、みんな普通の格好で呑気に見る側になろうとしている。

nijofood.jpg
ポップなコーンを売ってマ~ス。

当然、我々も普通の格好なのだが、「ジャパニーズハ、タノシムキガ、ナイノデスカ?」
と、自分を和製アメリカンドリーム、ロッキー羽田ポジションに格上げして、上目線で毒づく。

まあ、そんな無理は言うまい。
白色人種も数人見受けられて、ちょっとだけその映画のパワーを感じる。
しかし、そいつらがまたでかすぎるほどデカイ!
あんなのが、前の席に座ったら、真珠湾の奇襲に成功した後の、打電の様に「コラ・コラ・コラ」と、注意してしまうかも知れない。
自分の前の席に座る奇人相手に、奇襲作戦を決行することなく終わることを祈っていたのだが、またひと味違う作戦が人知れず決行されるとは、流石の我々もまだ知る由も無かった…。

ネット予約なので、まだ手元にチケットは無い。
三人とも昭和丸出しなので、割と不安になり、早速機械で発券する。
スピーさんから受け取ったチケットは、先ほどのラーメン屋の食券となんら変わらない程度のもの。
あの昔のチケットだからこそ、見るまでの間ワクワク出来たのだが、味気無いったらない。

ネット予約なので、その認証方法はさぞかし、しっかりしたものだろうと、スピーさんに携帯電話に送られてきた、その番号を見せてもらうと、ナンバーズに毛が生えた程度の数字のみの番号。
これって、発券機で間違って番号を打ってしまっても、違う人の券が出てきそう。
大丈夫?TOHOさん?

次に、グッズ販売のお店も拝見。

nijostore.jpg
割と品数多いけど、こういう場所では購買意欲が刺激されない。

この手のオフィシャル・グッズに、心惹かれることは無いが、やはりチェック。
フーン、ふーん、FU-N、と流してみる。が!こんなアジア人が出ていたのか?
と思うグッズを発見。

nijostore01.jpg
『韓流シリーズ イ・ビョンホンキーチェーン』

売っていても良いけども、スターウォーズを見に来た人との公約数を考えたら、それはどうだい?

『TOHOシネマズ二条』は所謂シネコンでスクリーンがいくつか用意されている。
こちらでは、スクリーンが10用意されていて、
更にプレミア・スクリーン(2400円)というゆったりスペースで見られるものもある。
今回我々が見るスクリーンは、「SCREEN 1」( THX 280席,2席:ハンディキャップシート)で、
一番大きなサイズになるのだが、特筆すべきは、この『THX』という音響システム。
詳しくは、リンク先を見てもらうとして、
ルーカスが自分の趣味に合う音響を作って提供しているというモノ。
スピーさんとストンさんにその説明は受けて、それはもう凄いハズ!ということで期待大。
しかも、フィルムでは無く、『DLP Cinema』というデジタルフィルムなので、綺麗だというのだ。
もはや撮影段階でデジタルフィルムでの処理で、編集もたいそう楽だそうだ。

この『THX』と『DLP Cinema』両方で見られる映画館は下記のみ。

東京-日劇
千葉-京成ローザ
群馬-109シネマズ高崎
大阪-ナビオ-シネプレックス (※ストンさんの指摘でDLPのみと判明)
京都-TOHOシネマズ二条

いやあ、これはラッキー通り越して、超ラッキー(意外と軽薄)。
しかし、日本で5館(※訂正:4館)だけ?そりゃスゴイ。ルーカスに選ばれし映画館。
『シネマ・マスター』
さすが、元祖U.S.J.(UZUMASA STUDIO JAPAN)である、太秦映画村がある街なだけはある。
これは、もう映画の神様が住んどる。

という予備知識を頭に入れて、ようやくそのスクリーン1に入る。
予約番号を見てその座席を見ると、座席群の中腹のさらに真ん中。
絶好のポジションで更に感激。
さきほどの、デカイ外人は通路で区切られる席の一番後ろに座ったので、その他の被害者も居ないようで安心。
座席もゆったりで、ほどほどの堅さの具合も丁度良い。
ただし、クーラーが寒い。今から行く人は、羽織るモノを持参しても良いと思いますよ。

そして、いよいよ会場が暗くなり上映開始と思いきや、最新の映画館とはいえ館内CMは省けない。
♪ハ~、どんと来い!
でお馴染みの『やぐら茶屋』のCMが無くてちょっと残念。
あのCMは映画館ではハズレなしで受けるのに…。
なんなら大合唱が始まってもおかしくないほど盛り上がる。

そして、ようやく本編上映。
開始早々『THX』の威力に思い知らされる。
そんじょそこらの体感アトラクションを凌ぐ。

2時間数分経過~

ラスト数分で、思わず感動。そのままエンドロールを眺めていると。
横に座るスピーさんが、肘でちょんちょんとつつく。
私の左前の座席を指さす。
目をやると、なんとそこに今画面に居たはずの、『ダース・ベイダー』が居るではないか!
あまりに映画に集中していたせいか、全く気付かなかった。
始まった時にはそんな人はいなかった。

スピーさんにその一部始終を聞くと、どうやらダース・ベイダー誕生シーンに合わせて、
着替えていたらしく、そのシーンに合わせて、
むっくりと体を起こすと、あの艶やかなヘルメットが登場したというのだ。

会場に着いた時に、コスチュームプレイをしていない状況を嘆いていたのだが、
今まさにその念願のシーンを目の当たりにしているのだ。
「ニホンジンモ、ケッコウ、ヤルヤン。」
と脳内ロッキー羽田が絶賛する。

その場で、『ダースさん』と命名。
ルーカスも画質や音響までは配慮出来る演出だが、こんな演出は出来ない。
あまりに呆気にとられたので、周りの人も私も、その場でのダースさんへの賞賛は出来なかったのだが、この場を借りて、ダースさんに敬意を表します。
「あんたはエライ!」

しかし、ダースさんの横に座っていた二人組が、エンドロール途中で会場を出て行く様子。
ダースさん前を通るので、「スミマセンポーズ」をすると、ダースさんも「どうもどうもポーズ」をする。
バリバリのジャパニーズスタイル。
ダークサイドの人間がするそのポーズは、かつては、ジェダイの選ばれし戦士を彷彿とする礼儀正しさ。

エンドロールが終わり明るくなると、立ち上がるダースさん。
身長は3/4程度のダースさん。こころなしか、早足で会場を後にする。
急いでデジカメでその姿を撮ろうとしたが、
やはり3/4とはいえ、ダースさんなので、理力(フォース)の影響か上手く撮るには至らなかった。

dasu-san.jpg
なんとなくヘルメットの光沢がわかるでしょ?

犯人を尾行する刑事感覚で、会場を出て見渡すが、曲がり角で巻かれた新米刑事の様に見失う。

なにしろ『THX』はシャレにならないほどスゴイ。
ヨーダのフォースの威力もその音響効果で見事に表現。映像だけでは出来ない。
ライトセーバーの「ヴォン音」も恐ろしいほど体で感じる。

『DLP Cinema』と『THX』両方で見るには、限られた映画館数なので、
せめて『THX』が用意されている映画館が最寄りにある方は是非ともオススメします。
このシステムが完備している、スクリーンとそうでないスクリーンが同じ値段なんて信じられない。
二条で見る人は、絶対にスクリーン1で見ましょう。
レイトショーなら1200円で最高にお得。

そして、『ダースさん』や『ヨーダさん』や『オビワンさん』や『C-3PO さん』や『R2-D2さん』
などが会場に出現することを祈っておきましょう。もちろん自分自身がやっても良いはずです。
蛍光灯を持っていって、米村伝次郎先生直伝の蛍光灯の光らせ方をマスターして、ライトセーバー気分を味わうのもアリ。

とにかく想像を遙かに凌ぐ面白さ。見終えたらすぐにエピソードⅣ見たくなる。
いや、全部さらに見直し。

『スター・ウォーズ』が、また始まってしまった。

swpam.jpg
パンフレット買わなかったんですけど。
プラミドグラ2回戦
●ハリトーノフ(嫌いでは無いが、ロシア軍人をまだ理解出来ない)ペドロ・ヒーゾ○
○マウショー(ボクセに関心中)中ノゲイラ●
○ボブ(寝かせてボコボコしかし判定)アリスター・オーフレイム●
○ミルコップ(腹いせマッチ、しかし黙殺でヒョードル大帝の不戦勝?)イブラヒム・マゴメドフ●
●瀧本誠(柔×U対決、不機嫌にKO)田村潔司○
○大ノゲイラ(負けちゃダメ絶対に)パウエル・ナツラ●
○桜庭和志(KO勝ちを期待する)ヒカルド・アローナ●
●中村和裕(メインを見事に飾る王者)ヴァンダレイ○

『2回戦』って感じの見る側のテンション。
決勝大会は、なんか煮え切らなく終わるのが持ち味になりつつあるので、張り切って見ることに心掛けます。
PPV分楽しみマッスル!
ヤバイ!HDDが一杯一杯。今から焼きます。
試合前の下準備
レギュラーテーマをすっぽかしてサッカーテーマ連発です。

サッカー日本代表、小野伸二右足甲骨折。

…困ったよ。映像見たけど、接触が無いところで痛がっていたので、「疲労骨折?」と思ったらやはり。
まあ、過酷なリーグ戦を終えたところだということを考えたら納得というかなんというか…。

勝てたら一番いいなあという試合の心構えをしていたけれど、これで、ハッキリと引き分けをする為の試合に降格。

試合開始からは、0-0を考えつつ進行。
「やる前に引き分けること考えるバカいるかよ!出てけ!!!」
とも言いたいところだが、「負けること」では無いので勘弁。

なぜかこのバーレーン戦に負けたら終わり、みたいに報道されているが全然そんなこと無いんですけども。
まだ勝ち点0の北朝鮮にも可能性は残っているわけで、現在二位の日本が一気に可能性が無くなるなんて考えるのはヒステリックすぎて恐い。

小笠原が出場することになりそうだが、自分で巧いとか、出来るぞオレ、なんて思っているのかねえ?
まあ後ろにパスする分にはスゴク閃くのか何度もお目に掛かるんですけど、ゴールは逆方向なので宜しくお願いします。

ポジション的には後ろから中田、小笠原、中村となるだろうが、実は試合中に中田と小笠原がポジションを入れ替わったときにチャンスが出来ると思う。

毎度、当たっているジーコの選手交代の采配にも期待しておこう。

予想だにしないことを書いておくならば、なぜか本山を出してしまって、一発炸裂なんて事が有るような無いような。

プレーオフまでいったら試合も増えるのでそれも楽しみだぞということで明日のバーレーン戦を待ちます。
これだけ書いておけば、勝ったときに相当嬉しくなる準備は出来ました。
PRIDE ミドル級GP 一回戦 予想
●中村和裕(秘技・Bボタン連打炸裂!!)ケビン・ランデルマン○
●ヒカルド・アローナ(今度のアブダビでやるんだって?)ディーン・リスター○
●近藤有己(あのボブチャン見たら…)イゴール・ボブチャンチン○
○ビクトー・ベウフォート(U・F・C!U・F・C!)アリスター・オーフレイム●
○中ノゲイラ(まだまだ負けない)ダン・ヘンダーソン●
○桜庭和志(胴着どころか全裸にしちゃいますよ)ユン・ドンシク●
○クイントン・携帯電話・ジャクソン(シュートボクセ対策完了)マウリシオ・ショーグン●
●吉田秀彦(Gacktも名倉もガッカリ)ヴァンダレイ・シウバ○

判定になりそうなのが、アローナvリスター、ビクトーvオーフレイム、そしてメインの吉田vシウバかな。
そう考えると、やっぱり興行時間は長くなりそう。全部30秒以内に終わってみい。
HDDレコーダーの予約もレートをどのぐらいにしていいのか困る。
が、今回一括購入したので、再放送も視聴可能なので、一回見てから時間決めて録れそう。

PRIDEはGPをやる以上、ベルトなんて必要ないのではないだろうか?
K-1はGP重視だから、ベルト無いよ。
PRIDEのベルトなんて、既にグレーテスト18程度の存在価値。

もっとタイトルマッチを面白く展開した方が良いと思いますよ。
まあ、その展開力が無いから、安易なトーナメントをやりおるわけやけどね。

で、一回戦終わったらまた面白くなる為に、カード組み直し。
おもしろさの為には、トーナメントとしての概念さえ、ないがしろにするDSE。
しかし、さほど面白くならないのが、その持ち味。

金を払ってみる視聴者としての軽~い、苦言です。小言です。
要するにもう少し面白くできるだろ?ってことですたい。
アブダビのタハヌーン王子が本格参戦してきたら、敵わないぞ!
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。