ムダのダム ~屋根裏の愛着ブツ~ FC2版

(SETOSHOP BLOG FC2版)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
『本業』 水道橋博士著 ロッキング・オン
著者本人である、水道橋博士から『本業』を献本して頂いた。
毎度、手厚い対応に感謝しきり。しかもサイン入りという希少性抜群で嬉しい限り。

まずそのシンプルな装丁を見て思う。
「白黒で好み」
そして手にとって思う。
「帯でかっ!」

これほどのサイズの帯を帯と称して良いものだろうか。
『帯に広し、表紙に狭し、猫ひろしの額(ひたい)よりも広し』
しかし、表紙と帯の関係は成立しているので、
『装丁の範囲内』として良いだろう。

更にその帯に記される本文よりの抜粋されたコピーを読めば
「タレント本は~青色申告である。」
と定義づけられている。

ならば、その青色申告を促すこの本の著者である博士は、
差詰め、確定申告のイメージキャラクターを務める、
往年の三田佳子的ポジション。

雑誌やネット上に連載を多く持つ浅草キッドご両人は、
まめに申告し続ける優良納税者なのである。
更にネット上での日記は、消費税の支払いを申告しているような親密さで
その詳細な具合に感銘を受ける。

それにも増して、博士がこの本を執筆していたであろう場所が、
自宅の地下室だったと考えると、三田佳子的だと思わせるには、十分な共通項であろう。

さて本文だが、改めて感じるのはその文章力や単語力。
正直、文脈からその単語の意味を想像するしかない様な、活字に相応しい単語に遭遇すると、
「あちゃー、読めへんがな。」
と、調べるために一時中断。こういうのがあると本を読んでいる気になってくる。
あくまでも、趣味に『読書』が入らない人間がつまずくレベルの単語なので
『趣味:読書』な方は問題無しの、NO問題。

そもそも雑誌連載されていたので、一つの本の書評は一定の文字量で、
決められたサイズに収められている。
なので、とても読み易くてスルスルと進んでいく。
また出版にあたり改めての手直しを考えると、十分に煮染まった煮物に対する箸の進む様子。
一つ一つの具が美味しく出来上がっていてトテモトテモなのである。

著者は、この本に対するスタンスとして、各著者とのエピソードを意識したとしているが、
それこそが、この本の希有なポイントであって、
この本こそがさらに『タレント本』と言える所以であろう。
紛れも無く、『水道橋博士のタレント本』である。

私は、この本を読むにあたって、百瀬氏の「プライドの怪人」しか読んでいなかったので、
読むに相応しい読者であったと思う。
で、読み終えて『読みたくなった本ベスト3』を発表!(既に読もうとしているモノは除外)

1位 田原総一郎、田原節子 「私たちの愛」
   ド真剣に無茶苦茶しているであろう、マジメさが面白そう。
2位 加賀まりこ 「とんがって本気」
   それでも今現在、活躍しているのに興味を抱く。
3位 山城新伍 「おこりんぼ さびしんぼ」
   エピソードを語る時の間に何とも期待を込めてしまう、チョメチョメ世代。

実際に読むかどうかは別にしても、テレビで見る時に見る目が変わるであろう人達。
逆に読まないであろうというワーストは、

松本人志 「シネマ坊主」

ある意味、ワーストというのも1位みたいなモノだが、
この人の本はちょっとヒドイ。内容がスカスカ。
芸人ネタ本などの内容空洞化はこの人が元凶。
スカスカでも売れる前例を作ったA級戦犯。
あれ?逆に言えば、出版界の救世主?うそー。
兎に角、読まへん。
それでもダウンタウンファン。

博士がモデルをしている
「タレント本で、青色申告しましょう。」というポスターを、
こんな小さな町(このブログ)の掲示板に貼るぐらいの微力な活動でした。
最後のページの著者近影写真は、本にしか見せない表情なのでしょう。

『読めば、読みたくなる』

なので、買って読めばさらにおもしろいこと、この上なし。

追伸:献本、有り難う御座いました!
ほなっ!
スポンサーサイト
iPod shuffle をようやく購入
ちょっと前なのだけど、ようやくiPod shuffle 1GBを購入した。
入浴や車や外出時に使っていた、CDプレイヤーが異音を発し始め、そろそろダメな感じになってきたので、ようやく手に入れた。

この手の携帯音楽ツールの一番の利用度は何を隠そう、入浴中に使用することが多い。
基本的には、お風呂はあまり好きでは無かったのだが、小太り具合を気にして半身浴でその解消をしようということで、音楽でも聴いていれば長風呂出来るのでは無いだろうかと、画策した結果が功を奏した。

まあまあ、体重は減ったし、なにより風呂が好きになった。
しずかちゃんの気持ちを満喫。
どこでもドア使って、間違って混浴することももはや本意。
防滴ポータブルスピーカー メロディーシャワー
にCDプレイヤーを入れて使っていたのだが、CD一枚聞き終えたら丁度入浴終了ということにしていた。

そのCDプレイヤーが無事入滅。次はもう、シャッフルを買うしかねえ!
という経緯があった。

しかし、まあそりゃあ入浴タイムも激変です。
何時間も違う曲が流れるわけで、キリが無い。
結局前よりも、長風呂出来ていない気がする。
付属の時計を見て、じっくりと時間を過ごす。しかし時計見ていたら余計にイライラしてくる。

猪ポッド広告01
Aントンはクイズ番組を苦手にしているだろう。(憶測)

そこで、今後はちょっと工夫してみようかな。
クイズを入れてみては如何なモノか?
って一瞬だけ考えてみるが、絶対に余計無理。
そのクイズ準備するのは、本人なので、全然面白くない。
準備段階で答えがわかっている。
しかも、クイズの音源はどうするんだ?
ミリオネアやアタック25を録画して、音だけ拾うのか?
その時点で全然面白くない。

シャッフルでクイズは数秒で断念。結局、普通に音楽を聴いている。それで良いのだ。

で、シーラーとしては、シャッフルもその対象となるのは必然。
以前モヤシ氏用にシールを作って以来、その試し刷りで作ったモノが手元にある以外は無いので、改めて何かを作ろうと思うのだが、なぜか自分用に作るのはテンション上がらない。

仕方なく、『ZTK GEAR』シールを貼り付けカスタム。
うーん、しばらくすると見事に飽きる。
ということで、新作を印刷する気もないのに作った。

クイズアントンシャッフル
巨ちゃんの番組は面白かったんだなあ。
うわあ!画像デカイ!


カスタムシール貼り付けによって、シャッフル本体が真っ白だということを忘れつつある。

このシャッフル、結局フラッシュメモリに音楽プレイヤーが付いているという概念を持ってすればやはり、お買い得な気がします。

『iPod shuffle 1GB』
『防滴ポータブルスピーカー メロディーシャワー』
がオススメです。

ちなみに『防滴~』は色々出ているし、『無印』のモノがなかなか良さそう。
最後に行くぞ!
3!2!1!シャッフル、シャッフル!
龍剣試合
日頃から剣道への憧れを持ち続けていて、PRIDEに剣道スタイルで登場する選手が出てくることを夢見ている。
そんななか、作業の為に資料(月刊ゴングなど)に目を通していたら目を疑うような記事を発見。
そんなスタイルは実はとっくの昔に行われていたという事が発覚。
しかも、アメリカでも行われていて大人気だったという。
あまりにも日の目を見ないだろうという独断で、ここにその記事を無断転載してしまうことにする。

dragonshiaimatchs.jpg

これが本場のドラゴン・シアイ・マッチ-これはハッキリ言って真剣勝負ではありません

“東洋の神秘”ザ・グレート・カブキが考案した試合方法で「ドラゴン・シアイ・マッチ」(龍剣試合)というのがある。
リングの中央に2本の竹刀を置き、ゴングと同時にその竹刀を取って好き勝手に打ち合うもの。
早い話がプロレスの試合に東洋式の剣道の要素をミックスさせたもの。
この「ドラゴン・シアイ・マッチ」はなかなか人気のある試合方法で…
カブキとダスティ・ローデスあたりが対戦するカードともなると
会場に入りきれないほどのファンが集まるという。

最初、この試合のことを外電によって知った時
“そんな雰囲気の試合は日本でもよく見ているような…”という気がした。
よく考えてみれば上田馬之助が竹刀を持ってリングに登場するデモンストレーションは
ある種の変則的な「ドラゴン・シアイ・マッチ」への布石のような行為ともいえる。
時折り上田は2本の竹刀を持ってリングに登場し、
その1本を相手にポーンと投げつけながら“竹刀でこい!”
というようなポーズを見せることがある。
ここで相手がその竹刀を持ってポカポカと始めれば、
それこそ「ドラゴン・シアイ・マッチ」そのものになる。

上田が竹刀で相手を執拗に挑発する姿を見るたびに
“誰かあの竹刀を取って憎むべき上田をメッタ打ちにしてくれないか”
と思っているファンも多いと思う。
カッときてその竹刀を逆に奪い取って打ちまくるシーンは何度か目撃しているが…
正面から竹刀で渡り合うシーンはあまり見たことがない。

そんな時、あの“野生のダンプガイ”といわれる阿修羅・原が、こんなシーンを見せてくれた。
もちろん竹刀を使っての対決なので“真剣勝負”というわけにはいかなかったが…
挑発した上田も、これを受けて立った原も気構えの上では“真剣”そのもの。
こんなシーンを見てフッと
“上田と天龍、あるいは上田と原で本格的なドラゴン・シアイ・マッチをやらしてみたら”と思った。
あの竹刀で上田がやられる場面-絶対にみたいですね


ということが行われていたらしい。

しかし、記事が、余りにも「ポカポカ」だとか「真剣勝負」などと剣道を舐めている感じが、『私プロレスの見方です』的で素晴らしい。

『ドラゴン・シアイ・マッチ』=『龍剣試合』
という意訳が戸田奈津子もビックリ。
せめて『シアイ』は省いて『ドラゴン・マッチ』で良いのでは無いだろうか。
しかし、町の標識を見ても
鴨川を『KAMOGAWA RIVER』と表記することから言えばこれで正解なのかも知れない。
そもそも『龍剣試合』も聞いたことは無い。
先代の北斗神拳継承者『リュウケン』は知っているんだけども…。

試合内容もさることながら、それを行っているメンツが素晴らしい。
この記事もあながち適当に書いている訳では無く、
後に天龍はWAR時代に荒谷や平井を竹刀が折れるまでボコボコにするというムーブを見せてくれていた。
今保管している、オーピンフィンガーグローブ付竹刀を手にとって、その竹刀の強度を確かめたが、折れるほどのスウィングというのは考えられない。
天龍はメジャーにも行けたのでは無いかと思うほどのスウィングスピードだったのだ。
となると、サンドマンもそのクラス。

原は念願の長州戦の際に、マイクアピールで
「長州!ラリアート勝負だ!」
と、この記事同様、一気に『ラリアート・シアイ・マッチ』に持ち込んだり。
馬ちゃんは、更にエスカレートして出刃包丁を持ち込んだりして日本マット界を盛り上げてくれている。

馬ちゃんには申し訳ないが、
『憎むべき上田』
というフレーズが、今さらながらとても気に入ってしまった。
現在では、こんな日本人ヒールは存在しない。

ビバ!上田馬之助!

オススメは、『憎むべき~』と『ドラゴン・シアイ・マッチ』で、
PRIDEには是非とも、このポジションの選手と、ルールを採用して欲しいということです。
そしたら、『総合格闘技』がさらに『総合』になって盛り上がっていきますよ。
「アウェイ アンド アウェイ」
T-SELECTというサイトで、
『長州小力vs猫ひろし夢のダブル響宴 この二人をうならせる面白Tシャツ販売!』
という企画に応募。

6月20日から7月3日までの間で10枚以上の注文があれば製品として販売されるシステム。

タイトルは『AWAY and AWAY』というモノになります。
結構ギリギリで気付いたから、猫さんのも作りたかったけども、手が回らなかった、
こういうのが、「猫の手も借りたいぐらい」ってことか。

しかし、小力さんは貴重だよ、あのキャラクターで
地上波に出ているのは見る側も随分と寛大になったモノだと感心する。
プロレスベースでテレビを見ている人間にとっては、すんなり見られるキャラクターなんで問題なしのストライク。
これが、谷津嘉章のモノマネキャラで、
海外遠征時の『トラ・ヤツ』にちなんで『コトラ・ヤツ』なんてやっても反応されないもん。
でも、意外と谷津は喋りに特徴あって面白いからなにか喋っているところ持っている人は要再確認。

2004年のR-1ぐらんぷりは地上波放送は関西だけだったらしいのだが、
わざわざ別企画として、小力さんは自前のビッグスクーターで
東京から準決勝会場である大阪までを、あのコスチュームフル装備で移動という企画を遂行。
ハッキリ言って、全行程をこなしたところで、ほぼ出オチ感は否めない。
しかも、ホントにそのまま会場入りなので、無駄に疲労困憊な感じ。
高速をあのTシャツだか、ラグトップだけでは、風を浴び続けるので体力の消耗が激しすぎる。
だからバイク乗りは革ジャンを着るんですよ。

どうせ長州なのだから、昔の長州ルックとも言える、
キャップ、革ジャン、タレサン、ジーパン、デカイバックル、ウエスタンブーツというフル装備も有りだと思う。
小力さんの私服は常時それでお願いしたいモノだ。

しかも、途中で名古屋のアマチュアプロレスにちょっとだけ参加もしているのだから過酷。
このVTRはOAのみならず会場でも流されたらしく
会場の司会の千原Jr.にも「おもろい!」と賞賛されたので、本人も満足だった様だが、
帰りは同じ行程を映像に収めることもなく、たった一人で普通に帰るというのが辛かったそうな。

そんな長州小力さんは、テレビでは永遠に革命的な存在であり続けるはず。
「今日もアウェイだな。」から「今年もアウェイだな。」そして「永遠にアウェイだな。」
それが、『長州』を名乗る上での宿命なのかも知れない。
The World of GOLDEN EGGS
The World of GOLDEN EGGS

ターキーズヒルという街の住人達が、巻き起こすドタバタ劇と書けば安っぽい感じもするが、その安っぽさをキャラクターとその全体のタッチで、大爆笑ではない程度のくすりと笑わせてくれるぐらいが心地良い。

2004年に制作されてOAされており、DVDも発売されているが、『キッズステーション』や『MUSIC ON! TV』でも、再放送されている。
『MUSIC ON! TV』では、この5/24にから1~3話、5/25に4~6話を(21:00~)改めて放送する。(全13話)
視聴環境がある方は一度見ても損は無し。

オススメは、ローズとマリーのローズマリー兄弟の『モリモリクッキング』

『THBC』という放送局からの番組で、CDも紹介されたりするが、そのPVも作り込んでいてなかなか見るに堪えうる代物となっている。

CGアニメなのだが、これがまた最近作られるCGなのでスゴイだろうと思うかも知れないが、ローテクを意識した作りでなかなかのタッチに仕上がっている。
口の動きもセリフにすべて合わしているので、『おもひでぽろぽろ』もビックリのその作りに感心。

最近見るCGを駆使したアニメは、そのPCの処理速度によって画期的な進歩を遂げているが、どうにもこうにも見る側の処理速度がついていかないので、藤子不二雄生まれ、サンライズ育ちにはフィットしました。

絶賛というよりは、ちょっと良いもの見っけ、という感じ。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。