ムダのダム ~屋根裏の愛着ブツ~ FC2版

(SETOSHOP BLOG FC2版)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
2007欧州浪漫旅行記 003
そもそも、なぜに欧州旅行?
ってお思いの方もおられると思うでしょう。

ガールフレンドが北欧はノルウェーのベルゲンに留学しているので
じゃあ、欧州で会いましょう。ということになりました。

norway-map.jpg
さあどこにあるか見つけてみましょう。BERGEN

そんな、直球な感じで欧州に行くのです。
まあ、そらあんた、行くっきゃないでしょが。
うん、行くでしょー。

なぜに?ベルリン?
んーっと、ガールフレンドが学校お休みで行くなら
「ベルリン」
というのがその理由。

こちらも、ドイツには昔から興味がある。
きっかけはサッカーだったのですが、当時の西ドイツにとても魅力を感じていたのです。
後に様々な旅行番組などでドイツその具合を見ては
「どうやら、この人達とはなにか相性が良さそうだぞ。」
と、幼いながらもなにか直感めいたモノを感じたものです。

そんなこともあって大学でもフランス語かドイツ語どちらを履修するかは、
迷わずドイツ語を選択。
しかし、喋れるにはいたらず。読んで音を出せる程度に終わりました。

ベルリン(ドイツ)に行ってから、
ロンドン(イングランド)→ベルゲン(ノルウェー)という旅の行程になっております。

いよいよ、その欧州に着くところと相成ります。
果たして、飛行機は墜落せずに無事到着したのでしょうか?

それでは、つづきを、どうぞ。

------------------------------------------------------

うつらうつら、してハッと起き腕時計を確認。
どうやら、時間の経過からもうすぐ欧州に到着のようだ。

ほぼ定刻通り、現地時間の16:10頃に到着。
なんの支障も墜落もない。やるなKLM!やっぱり良い色してるなあ、このー。

飛行機を降り、アムステルダムのスキポール空港を散策。
とりあえずの目的は、喫煙。
空港関係者らしき人に、どこでタバコを吸えるかを聞いて移動。
どうやら、二階部分にあたるフードコートなら吸えるらしい。
すでにライター握りしめ急ぎ足で向かい、席を確保で即着火。
とにかく、栄養源は無いのだが、なにかエネルギーでも充填されたような感覚。

立て続けに、三本吸いきる。

一気に吸いすぎたのか疲れを感じ、そのまま1時間ほどボケーッと椅子に座り続けていた。

一応、自分の飛行機の便の確認をする。
関空でのこともあるので、早めのチェック&移動。
出ている表示には、ここから歩いて何分かかるかも表示してあって関心。
航空会社や空港側からすれば、遅れられてはたまらないだろうから、
そのぐらいの表示は当然だろう。
ちなみにその場所から、乗り口までは「20分」と表示されていた。
やっぱり空港ってでかいなあ。

まだまだ時間があるので、免税店を覗くが、免税されているとはいえタバコが高い。
日本での店頭価格よりも高いので買う気もしない。

でかいソファーでもう一度、休憩。
ほとんど寝るために作られているようなソファーとは言い難いようなモノ。
いいなあ、部屋にあると良いだろうなあと思うが、
この広い空間で見ているから、さほど感じないのだろうが、相当でかい。
欧米人が楽勝で寝転がれるのだからそれはデカイ。
日本人のモバイル感覚の磨かれ具合はこの辺からも感じ取れてしまう。

しかし、欧州の携帯電話はかなり小さい。
すこし使いづらそうなぐらいに小さい。そろそろ教えてあげた方が良いと思います。
意外と素直に直すかもよ。

なんやかんやをみての感想を抱きながら、そろそろ飛行機のゲート前で待つことにしようと移動。
うーん、やはり表示通り結構遠いなあ。

ゲート前の待合い場所で、読書で時間を過ごす。
ガールフレンドに頼まれて、ブックオフで購入してきた。

「マダム小林の優雅な生活」(文庫) 小林 聡美 (著)
20070205070552.jpg
今日のブログの発達も無かったであろう当時の日記というかエッセイ集。
今なら、確実にブログに書かれて、後日出版という流れだろうね。
おもしろいです。


を読み始める。
スッキリ待ち時間の間に読めてしまった。
気づいたら待つ人も知らぬ間に増えていて、
自然にベルリン行きの飛行機が出ることを感じさせてくれる。

時間になり、いざ搭乗。
欧州内なのでやや小さめの飛行機。
しかし、席に着くと意外とまばらで、空席も見られる。
新年とはいえ、向こうじゃただの平日だもんね。

飛んでから、直ぐに寝てしまう。
今回はなかなか移動での睡眠が快調でよろしい。
もはや、その移動時間を体が覚えているかの如く、到着20分前に目覚める。

KLMの見事なお仕事により、無事ベルリンに到着。
テーゲル空港
安全運転でありがとう!きっとゴールド免許持ってるね。

荷物を受け取り、高鳴る胸を押さえ、少し呼吸を整え、その出口に向かう。

予定では、新年明けてから先に来ている、ガールフレンドが待っている。

出口を通過して、キョロキョロと見渡すことも無く
目の前のガードレールにちょこんと座る見慣れた東洋人の小柄な女性がそこにいた。
なにか、あっけにとられてしまったのか、呆然としてしまう。

向こうから近づいてきた。
「うわー、居るよ!んで近付いてきた!」
そんな感じの久々の対面。

疲労+嬉しさ+いきなり=呆然

そんな簡単な数式が頭に浮かんだ。
スポンサーサイト
2007欧州浪漫旅行記 002
京都駅までの道のりがとても早く感じる。
京阪バスに乗り込むために券売機で早々と購入。
少し待って、そのバス到着。
乗ってしまえば、こっちのもの寝ていないので、速攻で睡眠というか、ダウン。

気を失ってからどれほど経ったのだろうか、気づいたら見覚えのあるゲート。
起きてから数分後、関西国際空港こと関空ことKIXに到着。

新年の最中なので、人は多いと聞いていたがなかなかの人混みがそこに見られる。
まあ、まだまだ時間があるので、余裕で宇宙(喫茶店)へ。
なんか、茶店も人混みだらけで、困ったモノだ。
しかし、自分もその人混みを作っている人間なので何とも言えない。

人はよく車に乗ったりすると車の混み具合を嘆いたりするが、
自分のことを棚にあげて嘆くこの行為や発言は毎回不思議に感じる。
が、もちろん自分も例にもれず。

後は免税店でたばこを買っていけばバッチリ。
円も二万円ほどをとりあえずユーロに両替。
1ユーロが160円程度。

そろそろ、出国手続きに行くが、その混雑はここも当然やってくる。
なのだが、なぜかそのときは気づかず時間ぎりぎりに並び始める。
その人の数と時間の経過を見るとどう考えても自分の番が回ってくる頃には飛行機が飛んでいそう。
「遅れるのか?」という不安に襲われる。
どう考えてもヤヴァイ。

しかし、ひたすら並ぶしかない。
他の便で遅れている人を呼びに来る航空会社関係者。
関係ない便の人なのだが、助けを求める為に間に合うのかを問うが、
「その便は関係ないです。」
とあしらわれる。

今回の航空会社はKLMでオランダの会社。

KLMの飛行機
きれいな色だと思います。
特にタイアップしている訳では無いけど、こんな飛行機です。


遅れたら、一貫の終わり。
なんとか、並び終えて自分の番がようやく回ってきた。
しかし、どうやらその会社の人らしき人間がうろちょろしている。
どう考えても、自分が呼ばれに来たに違いない手応え。

「KL868便ですか?」
「はい、そうです。」
「早くこちらに来てください。」

免税店でのタバコ購入は仕方なく諦めることになる。

足早に乗り口までいく。
飛行機の中を見ると、すでにびっしりと座っているでは無いか、

『大人失格』

そんな言葉が頭に浮かぶ。

手荷物しまって、早々に客を演じる。
じんわり汗が出てくるが、早足で出てきたモノなのか、冷や汗かは定かでは無い。

久々の飛行機。
相変わらずの人間工学を無視したスペース。
椅子なんかは考えているんだろうけど、決定的にスペースが狭い。
高いチケット買わないと人間的に扱われないのはしょうがないのか。

しばらくしてお飲み物タイム。
ビールを飲んでちょっとだけリラックス。

横の席に座るOLコンビらしい人が、ビールをガンガンおかわりをする。
流石に、キャビンアテンダントに
「飛行機なの中は地上とは気圧が違うので
とても酔いやすくなっていますのでほどほどにおねがいします。」
と注意される。

『ミッション・イン・ポッシブル3』
MI3
一本目が爆発的に売れすぎただけで、3もまあまあだけど
まあ、『まあまあ』です。


『X-MEN3』
M-MEN3
もはや、普通にファンです。特にマグニート最高。
いろんな人を消しすぎ。
ギャラの関係とも言われるのはしょうがないか。


なぜか『3』シリーズを見て、12時間を過ごす。

目的地はベルリン。
オランダのアムステルダム経由でベルリンに到着予定。

大阪 関空 KL868便 1月3日 11:50発
アムステルダム、スキポール空港 16:10着

アムステルダム、スキポール空港 KL1835便 20:40発
ベルリン、テーゲル空港 22:05着

こんな感じの飛行機具合。

おそらくベルリンまで全部で18時間ぐらいになるのかな?
もはやそれが長いかどうかはさっぱりわからなくなっている。

なんとか落ちないことを願うのみ。
2007欧州浪漫旅行記 001
2007年01年03日

新年を迎えて三日経った日本のとある一室。
その国の慣例では年を越すまえにはがきに新年のご挨拶を書き、
翌年のご挨拶をする。

しかし、そのとある一室の住人は未だに年賀状を制作している。
家族の分、兄家族の分、そして少ないが自分の分。

下手にパソコンでの作業が出来るためにすべて任されているのだが、
致し方ないと解釈して、毎年こなしているのだ。
しかし、そのときはすでに新年を迎えているのだ。
なんとも非礼な状況下にある。
しかも、数時間後には欧州へ旅行に行くことにしている。
締め切りはとうに過ぎているが、正味締め切り時間が存在している。

午前5時、ようやく自分の年賀状に取り掛かるが遅々として進まない。
ノーアイディアな状態。
PC内の過去のデータ類をざっと見直すが幾度となく見ているので
新鮮さに欠けてさらにアイディアが柔軟にならない。
とある一室の住人、つまり私は猪年生まれで、今年はまさにその猪年。
何がめでたいのか未だにわからないが、仮にどこかのサラリーマンなんかであれば
あまり親しくないであろう上司に
「おー、年男か!ガンバレ。」
なんて言われてしまう羽目になる。
幸運なことに、サラリーマンでは無いのでそんな無駄な台詞を聞くことは無いのだが
この年男&年女システムは何に効果を発揮するのか。
せいぜい、選挙での投票時のソフトなID確認ぐらいだろう。

挙げ句、猪年は決まって
「そうかあ、じゃあ君は猪突猛進だな。」
なんていうトドメの台詞も用意されている。
学校の同級生がすべて猪突猛進な人達だったかはかなり怪しいが、
他の干支の人達と比べれば実際にそうなのかも知れない。
いや、無いな。

他の干支はどういう性格分析されるのだろうか。
辰年に至っては、架空の生き物。
苦し紛れに竜の落とし子が当てはめられたりするがそれほど困窮するのなら
『辰』なんて干支の二軍落ちにしてしまえば良いのに。
そして、二軍から昇格するのは猫ぐらいで良いのでは無かろうか。

あれほどポピュラーな、ユーティリティー・プレイヤーである『猫』が二軍で冷や飯とは
なんとも歯がゆい限りである。
一体、チーム干支の監督並びにコーチ陣は何を考えているのか。
そんなことだから、チーム星座に万年負け続けているのだ。
人気実力ともに申し分の無い『猫』を昇格させれば、
チーム干支の命題である「打倒!星座!」は、近い将来達成できるのだと私は確信している。

そんなこんなで、私は常々『猪年』では無く『猪木年』と公言している。
となれば、その年賀状の柄は以下の様になってしまうのはしょうがないであろう。

2007年賀状猪木年


逆に、如何にして猪木画像を避けるかも一つの案だったのだがもはや時間が無いので
目一杯並べてしまった。
安易にもほどがあるが、送られた方々が揃って
「やっぱりな。」
と一言漏らしているだろうと想像するに難くない。

そんな、出国前のバタバタ感が意外に充実している感じでもあって、
「いざ、欧州。待ってろ欧州。」
とできあがった。

時間は07:00そのまま寝ずに、シャワーを浴びて7:20急いで体を拭き、
生乾きで服を着、最終的な荷物のチェックをして、帰省している兄貴に京都駅まで送ってもらう。
寝ていないので、ようやく飛行機で安眠できるであろうと、寝ていないことが逆に安心を誘う。

さあ、行こうっと。
東京遠征2005秋02
高速バス~博士邸到着

例のごとく休憩毎に睡眠を妨害される。
何とか誤魔化して「私は寝てる~、私は寝てる~」と自己催眠を試みるが、求めているものは睡眠。
「自己睡眠」
そんな対応をしているのが馬鹿らしくて、読書モードに変更。

今回持参した本は、なかなか読む機会の無いSF小説「ホミニッド」
友人に借りたのだが、相変わらずの活字慣れしない感じなので読むのが抜群に遅く感じる。
適当にやり過ごして、読み進めれば良いのだが、それではどうにも話が進まない。
内容が分けわからないうちに読破しては元も子もない。
じっくりだが読み込むことにしてみる。

そうこうしている間に、外も暗くなってどうやら関東圏というか、東京に入った模様。
相変わらず、その手応えはあまりなく結局は新宿駅近くに来てようやく到達感を得ることになる。
しかし、毎度のことながらその時間の要し方から、旅行気分を必要以上に感じさせてくれるこの移動方法。
そろそろ、慣れても良いのだろうが、年々しんどく感じてしまうのは、やはりその年齢からか。

コの字型空気枕をはずし、空気を抜く。
意外とバスの中での「シュー」という音は耳に付く。
かといって、そのままではあまりにも荷物。
しかも、その中身は空気というか、二酸化炭素。
持ち歩くには、あまりにも価値がない。
だいたいのエアーを抜いて、隠すように鞄へ詰める。
しかし、相変わらずのコストパフォーマンス(105円)に感心。

さあて、新宿駅新南口駅に到着。
ここまで来れば、ホッと一息も思わず漏れる。
電車に乗って某駅までGO。

時間的にラッシュになるので、大きい鞄が白い目線に晒される。
しょうがないじゃないか、そんなこと。

最寄り駅に着いて、ちょっとだけ腹ごしらえ、さすがにお腹ペコペコ。
丼屋で天丼を食う。
しかし、手ぶらで、しかもノーブラなので、せめて手ぶらを解消するため、最寄りのマクドにIN。
スズキさんは、マクドが大好物だと聞いているのでとりあえず大ハズレになることは無いだろう。
こういうときぐらいしか買わない、アップルパイなんかは買うだけでも妙に嬉しくなってしまう。
今度は、ゴーフルやマロングラッセでも買っていきたいそんな気分。

さあて、電話でちょいとご機嫌を伺って、徒歩徒歩と伺うことに。

近づくにつれ、毎度緊張するこの道のり。
もはや迷うことなく付いてしまうのも、その伺っている回数を感じるには十分な事実。

「ピンポーン」
と、呼び鈴が鳴らすはずの音を心でも鳴らして、そのボタンを押す。
「ハイ」
と、スズキさんの声。
「スミマセーン、帽子の配達でーす。」
と、言うと、一瞬戸惑いを感じるような感じで
「あー、ハイハイ、どーぞ。」
きっと、呼び鈴のカメラに映る怪しい関西人を確認したのだろう。
たしか、前回もこんなやりとりをしたはず。

ドアが開き、見慣れたサングラスの男、スズキさんが登場。
フー。本人的には満面の笑みを付くってそのドアが開くのを待つのだが、
絶対に笑顔にはなっていないだろうと感じる。
軽い緊張感と安堵感が混じる状況ではそれは、難度の高い技術だ。

なぜか、お邪魔すると言うよりも、帰って来た感があるのは図々しくもあるのだが、正直な感想。

リビングに座り込んで、早速、旅の疲れを癒させてもらう。
すると、博士夫人とタケシくん登場。挨拶とともに、タケシくんを凝視。
覚えてくれているのか、なんのためらいもなく、わーっと来てくれる。
うーん、感動的。泣きそう。それこそ癒される。

手ぶら防止策のマクドをお渡し。
スズキさんはもちろんのこと、意外と好評。

博士も、丁度お仕事からご帰還で、毎度緊張する中、緊張していない振りをしつつご挨拶。
早々に、ご注文をいただいていたアントンキャップ5個をお渡しする。
「スズキィ、見てみろよ、これで無くしても安心だなあ。」
と、変な感心をしていただく。
うーん、なるべく無くさないようにしてください。

さあってと、大役を果たしたということで、もうリラックス。
マッサージチェアーでその疲れを癒すことに。
相変わらず、良い仕事をしてくれるので、「うぁー。」と思わず声が漏れる。

博士夫人がリビングのテーブルに博士の晩ご飯の用意。
およそ配膳が終わったにも関わらず、一向にお箸をのばす様子が無い。
「博士、あのお、もうお相手されなくても結構ですので、ご飯食べてください。」
と尋ねると、
「違うよ、これは瀬戸くんのご飯だよ。」
「????えー、なんでですの?」
「だって、みんなマクドナルドをいただいているよ。」
と、困惑回答。
確かに、博士邸一同が、ハンバーガーやらポテトやらアップルパイなどを、ひとしきり食べていたのは目の当たりにしていたが、
仕事を終え帰宅した家の主を差し置いて、珍客がお家のご飯をいただくというのは何とも面白すぎ。

家の人たちマクドナルド。
珍客お手製の温かいご飯。

うーん、珍プレー行き決定。

ありがたく、美味しそうな晩ご飯をいただくことに。そして毎度のことだが、ハズレなしに美味しかった。
なんとも、罰悪いのだが、どうやらそれでOKだった模様。
毎回、マクドに行くことを心に誓った、そんな瞬間。

今回も翌日に行われる、ザ・ビートニクスの公演を観に来たのだが、
どうやら北郷さんも、柳田さんも最終的な詰めの作業を遅くまでされている様子。
今回は、博士邸をベースキャンプにするという体裁は無いようで、浅草に練習場所を借りての大合宿。
だが、後に聞くとそれぞれのスケジュールもあり、合同練習もままならなかったそうな。

スズキさんに聞くと、遅くなってでもとりあえず博士邸に来ると言うことらしい。
しかし、残念なことに、博士はお仕事で観劇はできないらしく、後にビデオ鑑賞の予定。

午前一時過ぎに、柳田監督が博士邸にやってきた。
東京遠征2005秋01
9/12(月) 家~バス

とうとう3回目を迎えた「ザ・ビートニクス★コメディーショー『オールナイトロング』」
そのチラシを有難くもオファーいただき、今回も参加させていただき勝手に見に行くことに。
そして、某氏からの帽子の注文の配達。

その、公演前日ということで移動の都合で前日からGO TO TOKIO。

その都合とは毎度の事ながら中央道昼高速バス。
往復だと多少の割引があるので、それは逃せない。
その高速バスでも最高峰のJRなので、ある程度不満は無い。
新幹線が速すぎるだけで、高速バスだって充分速い。
その幽閉とも言えるような拘束時間から、
その時間を有意義に過ごす為というか、こなす為に何をするかというと
寝るか、本を読むかに終始する。

そのどちらをするにも、耳にはiPod shuffleから音楽を流し続ける。
首には、前々回から使用している、100円ショップで購入のコの字型の空気枕。
商品名を確認すると、『U字型』らしいのだが、なぜが何度見てもピンと来ない。
藤原組時代の鈴木みのるが佐野直喜戦で、パイルドライバーを打つ際に
「俺がUWFだ!」と叫んだぐらいピンと来ない。

アイマスクは、意外と重宝する素晴らしいグッズ。
一気に暗闇を演出し、睡魔を呼び込んでくれる。
ブラック・タイガー(マーク・ロコ)のツームストン・パイルドライバーの様。
『暗闇脳天』
3カウントどころか、数時間起きあがることは無い。

そんなグッズを鞄に忍ばせ、毎度の決まった時間の11:20発の新宿駅行きに乗り込むべく京都駅へ…、
と思ったら、毎度配っている、ビートニクスチラシシールを作っていないのを思い出す。
というのも、前回の2回目の時に、サミーモアモアJr.さんから
「これ貰わないと、やったって言う気にならないんですよねえ。」
なんて事を云われていた。
そのコメントが無くとも作っていく気はあったのだが、他にもうちょい良いものを作っていたので満足して、すっかり忘れていた。

しかし、1回目を終えて、2回目に感じる様な恒例具合かな?
せいぜい、2回目を終えて、3回目ぐらいからの相応しいコメントの様な気がするけど。

「うひゃあ、また乗り遅れるのか!?」
と、不安に駆られるが、実はまだ朝の8:00。
余裕で、A4を2枚ぐらいはプリントすることぐらい出来る。
と、呑気に作業し出すと、余計にいじりだして、違うバージョンも作ってしまう。
カットもしていないので、カッターも持っていくことに。
なるべく荷物は減らしたいんだけど。
よって、地下鉄で京都駅に行くには、例の11:20発には間に合わない時間になってしまった。

仕方なく、タクシーで京都駅へ。
京都~東京が往復10000円なので、片道5000円。
家から京都駅までが1700円。
なにか納得できない感じを抱きながら、タクシーで黙りこくってその比較を忘れようとする。

京都駅に着いて、いつもお邪魔させていただく博士邸へのお土産を物色。
『三島亭の牛しぐれ煮』と『湯葉のお茶漬け詰め合わせ』を購入。
旨いに違いない値段なのと、手頃なサイズでお土産向き。

バス内での食べ物と飲み物、そして睡眠薬代わりのキリン一番搾りを購入し、余裕でバスを待つ。
全然、バスに向かって走っていったりしないのがむしろ物足りないぐらい。
ギリギリまで影に隠れて、直前に滑り込みセーフでもしようかと考えるぐらい物足りない。

今回も普通にバスに乗り込んでしまった。ツマラン!

乗って早々に、その睡眠薬に手を伸ばそうとしたが、いくら何でもまだ午前中。
せめてお弁当と一緒にいただかないと、そのスタイルの体裁が保てない。
つまり、クスリは食後に服用。

前回、帰りの席が二階の一番前だったが、これには参った。
あのデカイ窓が目の前で、道路が目の前に迫ってくる感じ。
抜群の見晴らしの良さに、寝る状態には絶対にならない。
というか必要以上の迫力なので、鬱陶しい。
席が空いていれば、移動もOKルールなので、速効真ん中ぐらいに移動。
理論上は真ん中が一番揺れないので、多少ながら気持ちベストポジションを確保。

先ほどのくつろぎセットを取り出し、全く必要の無い景色もカーテンでシャットアウト。
とりあえずの夜を演出して椅子も倒して、足もノビノビと言いたい所だが、微妙に伸びないぐらいのサイズ。
どうせ、客も満員では無いのだから、椅子を一個置きに取り外してくれないかな?
若しくは、ベッドの様な席でも作るべき。
格安の値段なので無理な注文は承知だが、それを平日の昼便に採用したら大人気だよ。
JRということもあるから、それなら新幹線に乗ってくれというのが、あちらの本音か。

とにかく自分なりのポジションを見つけ寝ようとするが、やはり乗りたてホヤホヤでは、目が覚め覚め。
アイマスクを熱冷まシートポジションにずらして、同乗している人間をちょっとだけ観察して、その気配や空気を把握しておく。
あくまでも、チラ見程度なので詳しくはわからないが、まあ誰でもやるでしょ。

しばらくは、景色を見なくとも地元を走っているのを実感できる様な右折左折だが、京都南インターに乗ったらしいぐらいからは、どこを走っているかのその体感は薄れていく。

一回目の休憩まで、我慢してお昼ご飯をこなし、念願のクスリを服用。
やや睡眠不足だったので、すぐにその効果を感じる。
「首良し!耳良し!瞼良し!メイン・スイッチ OFF!」

「ZZZ…。」

つづく

-----------------------------
※アップするペースが抜群に遅れてますが、しばらくこんな感じになります。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。